結婚式のマナーを学ぼう。服装やタブー事項について

キスをする

流行りとフォーマル

女性の場合、結婚式に参列する際の服装の注意点を書いてくれている本やサイトがたくさん存在します。
基本的には肩や露出が多いものは着用しない、等の項目を守っていれば問題ありませんが、あくまでも基本であり、状況に合わせてより知っておいたほうが良いマナーはたくさんあります。
例えば、結婚式を行う場所や時間、出席するタイミングなどに合わせて選んでいかなくてはいけません。

一般的に最も定番な場所といえばホテルで行われる場合ではないでしょうか。
昔から選ばれる場所のため、どちらかと言えば安心感のあるチョイスということが出来ます。このような場合は格式などを重視する場合も多く、参列者もきちんとした服装を心がける必要が有ります。
ホテルにもよってその基準は変わって来るかもしれませんが、ドレスはもちろん靴や鞄などもクラシックで定番のものを選ぶのが基本ですが、服装だけはなく祝儀袋をきちんとふくさに入れて持参する等の配慮も必要です。

お昼か夜か、結婚式が行われる時間によって服装にも変化が必要です。
お昼に行われる結婚式の場合は服装も明るいお色を取り入れてみると良いでしょう。
例えばパステルカラー等の淡いお色もお昼だからこそ明るい演出が出来るアイテムにもあります。
お昼は比較的お肌の露出を控えたほうが良い物が多いですが、夜の場合はお昼に行われるものに比べると制限が少ないです。
そのため夜に参列する場合は身に付けるジュエリーも少しだけ華やかなものをチョイスしても問題ない場合があります。

Copyright© 2015 結婚式のマナーを学ぼう。服装やタブー事項についてAll Rights Reserved.