結婚式のマナーを学ぼう。服装やタブー事項について

キスをする

昼と夜の変化

結婚式に参列する場合、どこから出席するかによって服装が変わってきます。
例えば、挙式や披露宴等、新郎新婦の親戚や仕事先の関係者の方が参加するような場合はよりフォーマルな服装を心がけるとよいでしょう。
何故なら、挙式や披露宴などに参列する方の中には年配の方もいらっしゃいます。
最近の式ではマナー違反にならないと言われている格好でもご年配の方から見ると適切ではないと感じるものもあるかもしれません。
せっかく招待して頂いたのですから、他の参列者に嫌な思いをさせることや自分を招待してくれた新郎新婦に恥をかかさないためにも基本的なスタイルは抑えておくのがベターです。

二次会だけ出席する、社会人になって仕事などの都合でそのような参加も機会が増えていくかもしれません。
この時に重要なのは二次会だからといってカジュアルすぎる服装は避けておくということ。
何故ならあなたは彼、彼女の結婚式に参加するのが二次会からでも、披露宴などから一貫して参加している人もいるからです。
あまりにもカジュアルな服装だとそういった他の参列者の中で浮いてしまいます。
羽織ものが無くても良い場合も有りますが、出来るだけおしゃれなワンピースなどを身につけておくと無難です。

時には夜に結婚式を行う場合もあります。
この場合は夜の結婚式にふさわしい格好をしておきましょう。
一般的に夜のほうが服装の制限がゆるやかな結婚式が多いとされていますが、挙式などに参加する場合は昼間に行われる時と同じように肩を隠すような羽織るものを忘れないように心がけましょう。

Copyright© 2015 結婚式のマナーを学ぼう。服装やタブー事項についてAll Rights Reserved.