結婚式のマナーを学ぼう。服装やタブー事項について

キスをする

清潔感を保つ

意外と女性の服装やNGなマナーなどは載せられているものの、男性の服装のルールはあまり詳しく乗っている所が少ない場合があります。
結婚式などに呼ばれた場合は基本を抑えつつ、清潔感のあるおしゃれな格好で参加できるように心がけましょう。
基本的にはスーツスタイルであることが一般的ですが、羽織袴がマナー違反か、と聞かれるとそういうわけでもありません。
しかしながら、遠慮される理由の1つとして「新郎がわからなくなるような、誤解を生むような格好は控えること」が挙げられます。
結婚式の服装で礼服を身につける場合はネクタイを白にしたりするなど、華やかさを演出できるようなポケットチーフで他の人と差をつけても良いかもしれません。
スーツの場合はカラーシャツを身につけてそれにマッチするネクタイを身につけるのが一般的だと言われています。

結婚式に参加する際によく着用される服装のひとつ、スーツは、よくカタチやシルエットが似ている場合が多かったりします。そんな中、場の雰囲気を壊すこと無く、自分らしさを演出できる方法とは何でしょうか。
小さいながらもその存在感で他人と差がつけやすいのは「ネクタイ」です。
一般的に蝶ネクタイ等と呼ばれている「ボウタイ」はタキシードはもちろん、スーツにも身につけることが出来る便利なアイテムです。
シンプルな黒色のものでもボウタイやクロスタイなどは首元につけるだけで華やかさを演出できるものでもあります。
また、結婚式の開催される時間によって身につけたいものも変わってきます。
お昼などの結婚式に参列する場合は「アスコットタイ」などを身につけると服装はフォーマルでも華やかさを演出できます。

Copyright© 2015 結婚式のマナーを学ぼう。服装やタブー事項についてAll Rights Reserved.